会議

相手がいなくても一人でできる英会話練習法

英会話を話せるようになるためには英文法や語彙の知識が不可欠です。しかしいくら文法を暗記して語彙を増やしても、それだけで話せるようにはなりません。なぜなら文法や単語の習得は知識のインプット作業ですが、話すというのはアウトプット作業だからです。英会話を話すためには、インプットされた知識をアウトプットする練習が不可欠なのです。とにかく英語を使って話してみることが大切です。
とはいえ英語で話す相手が簡単に見つからないのもまた事実です。そんなときに試してほしいのが、英語で自分の行動を説明するという練習方法です。たとえば仕事から帰宅して、ちょっとゆっくりしようと思いリビングのソファに腰を掛けたとします。その直後に、今自分が行った行動を英語で説明してみるのです。あるいは伸びた爪を切ったなら、それを英語で説明してみます。その際、うまく言えない単語があれば辞書で調べてみればよいのです。
このような練習をすれば、話し相手がいなくとも英語をアウトプットする練習ができます。しかもこの方法では、身近な行動を説明することによって、日常生活に根差した単語や表現を習得できるというメリットもあるのです。この方法に慣れてきたら徐々に難度を上げて、寝る前に一日のことを振り返り英語で話してみる、最近気になっていることを英語で説明してみるなど、アウトプットの練習を充実させればどんどん英会話が話せるようになるでしょう。

CHOICES POST

日常生活の中で英会話を無理をせずに身につけるコツ

子供の頃に戻って考えてみると、英会話が自然に身に付くヒントが多く見つけることできます。猛勉強を重ねて紙の上で身につける英会話よりも、日常生活の中で自然と身…

UPDATE POST

NEW2017年01月11日
相手がいなくても一人でできる英会話練習法を追加しました。
NEW2017年01月11日
イメージをおさえる効率的英会話を追加しました。
NEW2017年01月11日
自分に合った英会話の勉強法を追加しました。
NEW2017年01月11日
日常生活の中で英会話を無理をせずに身につけるコツを追加しました。

≫ 記事一覧へ

TOP